読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びとは何か――〈探究人〉になるために (岩波新書)

 

学びとは何か――〈探究人〉になるために (岩波新書)

学びとは何か――〈探究人〉になるために (岩波新書)

 

 

第1章 記憶と知識
第2章 知識のシステムを創る ー子どもの言語の学習から学ぶ
第3章 乗り越えなければならない壁 ー誤ったスキーマの克服
第4章 学びを極める ー熟達するとはどういうことか
第5章 熟達による脳の変化
第6章 「生きた知識」を生む知識観
第7章 超一流の達人になる
終章  探求人を育てる
 
 
「記憶」と「知識」の違いは「スキーマ」があるかないか。
 
患者さんに動作を覚えてもらうときの参考にもなるし、自己学習するときの参考にもなると思います。
動作を患者さんに覚えてもらうにはなるべく頑張らせず、脳を使わずにやってもらうとうまくいくことが多いと思います。注意を1つに向け、短時間だけ集中してもらうのもコツだと思います。